記憶のかけら・・・



現れた扉は 私が通るのもやっとの大きさで


赤いレンガの塀の向こう側へ 通じていた・・・



塀は 高くそびえ立ち 中の様子はわからなかったが


私は この扉を開けて 外に出たのを 思い出した・・・






私が居る場所は・・・




振り返ると


丘があって その上には 立派なお城が見えた・・・



丘のふもとにある湖に気がついて


私は 湖のほとりへ歩いて行った・・・



湖の中を覗いてみると


私が こちらを見ていた・・・



湖に映る私は さびしげで・・・



どうして そんなに寂しそうなんだろう・・・









イメージの中で・・・



蛙は 私に色々なイメージを見せてくれた・・・



私のいる苔の生えた大きな岩は 大きな亀であったこと



その亀は この土地の変動を食い止めるために



この洞窟で生涯を終えたこと・・・




蛙の先祖がその亀に教えてもらって 今作っているもののこと・・・



私に その手伝いをしてほしいこと・・・





私でないと出来ないこと・・・



何なんだろう・・・





その前に 私が知らないといけないこと・・・・





私の心の扉が 目の前にあった・・・












蛙の姿・・・



蛙の姿になっているけれど


話していることは わからないままで


そのことを伝えようと声を出したら


伝わったみたい・・・




気持ちが声に移ったのかな・・・


早く話してあげればよかった・・・



長い間 蛙はケロケロと鳴いていたけれど


伝わっていないことがわかると


ふっと 息を吐いたかと思ったら


大きく息を吸い込んだ・・・




ほっぺたが大きくふくらんで


まるで すねているようだ・・・



そのあと またゆっくりと息を吐き出した・・・





ふぅ・・・・・・・






吐ききった後


蛙は 私に顔を寄せてきた・・・




どきどきどき・・・



私の頭を両手で挟むと


頭どうしをくっつけた・・・




どうしたことか


胸がどきどきする・・・



おさまらない・・・



まるで キスでもされたかのように


どきどき・・・・



そのうち どきどきがおさまって


それを待っていたかのように


頭の中に何かが伝わってきた・・・




目をとじて それが何か 感じようとしてみた・・・





私の声は 決して蛙に伝わったわけではなかったみたいで


ただの音にしかならなかったことを


蛙は気がついただけだった・・・




蛙の姿をしているのに


今まで何も伝えようともしてこなかった私・・・


何してたんだろう・・・



そんなことを考えている間にも


蛙は 何かを伝えようとしていたんだ・・・








静かな空間・・・




苔の上は ひんやりと気持ちよく


しばらく その上で周りの様子を眺めていた・・・




空気もしっとりとしていて


天井から降りている光で キラキラしていた




静かな空間





少しして 水面に泡がたって


蛙が一匹 私の横に上がってきた・・・



お腹に傷のある蛙だった・・・




蛙は 私の前に座りなおすと


ケロケロ・・・っと


話し始めた・・・







ちゃっぽ~ん・・・



手水鉢の中へ落ちた・・・



ぷくぷくぷく・・・




真っ暗な水の中 くるくると体が回る・・・



くるくる・・・


くるくる・・・




しばらくして 動きが止まって身体がふわりと水の中に浮かんだ





目の前に 小さな光が見えた・・・



光の方向へ行くと


小さな穴から光が差し込んでいて 穴を抜けると


キラキラとした水の中に出てきた・・・



水面から一筋の光が 穴に届いていた・・・



水面に向かって泳いでいく・・・




奥に 大きな岩がある・・・


その岩に登ろう




水面から顔を出すと 岩の方へ向かう・・・



まわりは 広い洞窟のようで 天井に空いた穴から 陽がさしこんでいた・・・



岩の上には こけが生えていて 


光がうっすらあたって きらきらしていた・・・


そのこけをつたいながら 岩の上にあがった





あの手水鉢の中だけど・・・



ここはどこなんだろう・・・







ねこじゃらしの裏庭 目次




Thank you♡
プロフィール

mimousa

Author:mimousa
カエルnoテ にお越しくださって ありがとうございます♪

ねこじゃらしの裏庭



おたまな気分♪handmade★カエルnoテ

アメブロでも書いてます♪

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Twitter
月別アーカイブ
フリーエリア

にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっております♪
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR