ぷくぷくぷく・・・




ぷくぷくぷく・・・



ぷくぷく・・・



水の中へ 沈んでいく・・・




私は 手をのばしたまま


沈んでいく・・・





まわりに 蛙が 一匹 また一匹と寄ってきた・・・




ぷくぷくぷく・・・



どんどん


沈んでいく・・・




目を閉じた瞬間


脇を抱えられて  引き上げられていった・・・




どんどん流れは早くなり


水面から 地上へ 飛びあがった・・・





空を浮かぶ・・・


目を開けると


水しぶきと 菜の花と 青空が 見えた




そっと 地面に降ろされて


そのまま また目をつぶった・・・





こほっ



急き込んでのどの奥の水を 吐き出した・・・



あたりは 騒がしかった・・・




お 目を覚ました


もう 大丈夫だ



よかった よかった・・・




声が聞こえる



私は おぼれてしまったんだ・・・



助けてもらって ありがとう・・・




声の方をむくと



まわりには 蛙が たくさんいた・・・




蛙ばかり・・・




蛙ばかり・・・






よかった よかった


もう 大丈夫だ・・・






ほんとに 大丈夫なの・・・? 私・・・









ねこじゃらしの裏庭 目次



池の中へ・・・




池のそばまでくると


蛙たちは 池の中をのぞくように


手招きする・・・



池の端にいた蛙は 手足をのばして 水の中へ飛び込んだ・・・



一匹 二匹・・・



つぎつぎと 飛び込んでいく・・・




空を写しこんだ池の水は色だけを残して 


蛙がつけた波紋できらきらと 水面は光った



飛び込んだ蛙たちは


顔を出して 手招きする



池の端にいる蛙は


水の底をのぞきこむようなしぐさをしたので


私は 池の端にひざをついて


そっと 池の底を覗いてみた




池の中には


水がわき出るように ぽこぽこと泡がたっていて


その泡を取り囲むように 蛙たちは 泳いでいた




そのうちの一匹が こちらに向かって泳いできた・・・



蛙は 池の中から顔を出し


両腕を差し出した・・・



つい 



私は 手を前に・・・





その手をつかんだ蛙は 私を池の中へと 引きこんだ・・・




とぽん!!





私 泳げないよ・・・





息を しようともがいたら


蛙は 私の手を放して


おどけた顔を見せた・・・




ぷっ・・・



その顔があまりにもおかしくて・・・





息が 出来る・・・・ なんで・・・?





水の中で 口をパクパクしながら 息が出来る・・・


苦しくない・・・





池の中を蛙に案内されながら 泳いでいた・・・




池の中の 美しい景色・・・




水の中から 空を見上げたり・・・



浮かびあがってくる泡の周りで泳いだり・・・





どのくらいたったのか・・・



蛙たちは 池の淵へと 上がっていった・・・



私も ついて池の淵へと 手をかけた・・・






・・・




手が 蛙になってる・・・





   


ねこじゃらしの裏庭 目次




小さな虹・・・



菜の花が 頭の上でゆれていた・・・


その合間に 青い空がちらほらと見える




菜の花の奥に続く道を


猫が歩いていく・・・


私も遅れないようについていく




すこしづつ


なにか楽しそうでにぎやかな声が聞こえてきた・・・




菜の花が 小さな池を囲んでいた・・・


その池のほとりで


蛙たちが 水をたたいていた・・・





歌のような


おしゃべりのような


時に 笑い声もまじり


水をたたく音も 楽しい拍子を打っていた




水が飛び跳ねる中に


ちいさな虹が見えた




猫の姿を見ると


蛙たちは うれしそうに猫に手を振った




猫もしっぽを軽く振ると


私の方に 顔を向けた




蛙たちは 私を見つけると


目を丸くして驚いた



そして


はっと 気がついて 私の方へ


そろそろと 寄ってきた・・・




蛙たちは つぎつぎに私のひざに頬を寄せていく




最後にやってきたのは あのお腹に傷のある蛙だった・・・


蛙は ひざに両方の手を置いて 目を閉じるとそっとキスをした





そして 蛙たちは 私を小さな池のそばに連れて行った・・・







ねこじゃらしの裏庭 目次



春日井かえるまつり・・・ カエルグッズ♪

  


春日井かえるまつりの後のまつり・・・



家でちょこちょこっと楽しんでおります (*ノ▽ノ)




IMG_1604.jpg



蛙庵さんの蛙鈴・・・ けろころけろころ鳴きます♪ 持ち帰り注意です・・・(*ノノ)キャ

福蛙ちゃん



IMG_1610.jpg


  

hyla Warksさんのフクラポーチ と 顔面カエルポーチ



IMG_1614.jpg


なつきゃべさんのかえるちゃんセット・・・ 今回はバラで遊べるバージョン♪




IMG_1619.jpg


おしゃれかえるさんのHappyちゃん♪ (後ろのういろうは少し前に名古屋にいった二男のお土産です)



IMG_1623.jpg


少し前にはやってたんですよって店の人に教えてもらたけど、私知らなかったので今ブームってことで♪カエルちゃんのストラップ と 蛙玉




IMG_1625.jpg


癒しのるーくん♪ カレンダーは後で絵葉書に出来る仕様ですよん(^o^)



IMG_1627.jpg



フリーペーパー♪ 創刊号から最新刊まで ゲット♪ 



春日井かえるまつり 楽しかったですけろよ♪ 


車を駐車場に置いた途端 土砂降りに・・・


あ~ って あきらめそうになりましたが、 会場でしばらくすると 


うっそですよ~ってくらいの 良いお天気になりました(〃∇〃)


近くで市もたっていて そこでも かえるちゃんをげっと♪



IMG_1624.jpg



カラフルなカエルちゃんたちの中から 王道の緑の蛙ちゃん♪



ほかにも 蛙のオブジェ探しなどしてきました~


かえる三昧の一日♪


アメブロのほうでも 書いてます♪ よろしかったら  → 春日井かえるまつり その1






つぎは 連休の伏見稲荷付近ですね(〃∇〃)


楽しみ♪







こんな話を書き溜めています・・・


よかったら・・・どうぞ・・・ かえる沢山出てきます・・・




ねこじゃらしの裏庭 目次





河川敷の菜の花・・・




桜の季節は終わり


河川敷の菜の花は 今年は特に勢力を広げていて


やがて 黄色一色になっていった


川にお日様が降りてきているかのよう


長いドレスのすそをひいていく




あの日から


蛙たちの姿は見ることはなくなった





菜の花が大きく揺れて


そこから 猫が姿を現した・・・



猫は 私の方を見ると


くるりと向きをかえ 菜の花の中へ消えていった




にゃ



一声聞こえてきた



呼ばれているような気がして 消えた菜の花のあたりへ行ってみる




菜の花のあたりにいたミツバチが


私の顔へ向かってきた




顔を手で隠して しゃがみこんだ




ミツバチの羽音が 遠くに聞こえるようになったので


そっと 手を広げてみると


あたりは 鮮やかな喜緑と黄色であふれていた・・・















ねこじゃらしの裏庭 目次




春の月夜に・・・


宴会は 次の日も また次の日も・・・



そのころには 私も部屋の隅で 参加・・・



五日目の夕方


もうそろそろ やってくるかなと


玄関は 開け放しておいたら


蛙たちは 玄関に入って 


整列していた・・・




部屋に 上がらない蛙たちを呼ぼうと


玄関へいくと


部屋から 蛙が私の後ろからついてきた・・・






そして


蛙は 玄関へ降りると 


皆と一緒に並んで 深々と 頭を下げた・・・




蛙たちは


家を出ていった・・・




あの宴会は 蛙たちのためではなく


私のためだったのかも・・・




毎日の宴会は とても楽しそうで


何を話しているのかもわからなかったけれど


私の気持ちを和ませてくれていた・・・





蛙たちが出て行った庭には


満月がのぼり


庭の菜の花や たんぽぽも


ふんわりと月のあかりに浮かんで見えた・・・




すっかり 春になって


みんな動きだしたのだな・・・




明日は 川の沿岸の桜の並木道を 散歩してみようか・・・


今年の桜は ゆっくり咲いて


少しいつもよりもピンク色が濃いような気がする・・・


ほんのり色づいた道・・・



足元には たくさんの虫や蛙たちが


忙しそうにしているだろうな・・・・







ねこじゃらしの裏庭 目次




宴のあとで・・・



玄関の戸からの日差しは明るいものの


まだまだ 空気は冷たかった




蛙は 静かな寝息をたてていた


蛙に 周りの葉っぱを寄せて 身体が冷えないようにしてやった



毎朝の日課のご飯は 


机の上に置いてあった・・・



玄関の戸を閉めに行くと


玄関の外に一匹の蛙がいた・・・



深々とお辞儀をすると


ぴょこんぴょこんと 裏の庭の方へ帰って行った





お昼ごろには


葉っぱの中から蛙は出てきて 


窓のところで 外を眺めていた



ご飯も 自分で食べれるようになったので


しばらく後には この家からも 旅立つかもしれない・・・




少し 寂しいな・・・と 思っていたら


ちょっと違っていたようだ・・・




その晩 玄関の戸を とんとんと 叩く音がするので


開けてみると


外には 昨晩の蛙たちが 宴会の道具を持って


やってきていた・・・




今晩も 宴会か?











宴会・・・



蛙たちは 


布団を片付けるように私に頼んだ・・・




そのあとは 


どんどん いろんなものが運び込まれて


あっという間に


部屋には宴会をする準備が整った




そして 一晩 宴会がおこなわれた・・・




玄関は 開けっ放し・・・



入れ代わり立ち代わり 


蛙に会いにやってきた・・・





その中には あの猫もいた


宴会の間 部屋の片隅で 丸くなって寝ていた


ときどき 耳が動いていたので


ずっと 話を聞いていたのだろう・・・




蛙だけではなく


いろいろな生き物がやってきた・・・




遠いところからも やってきたものもいて


尋ねてきたもの同士も


再会を喜んでいたようだった・・・




蛙に やもり とかげ 蛇 亀 くも さまざまな虫たち


さぎ すずめ からす 見かけない鳥も数知れず・・・






蛙の仲間たちも それぞれ持ち寄ったものを


ちいさな御膳に並べて その前で話をしていた




あるものは 踊ったり 歌ったり


ちいさな楽器のようなものをならしたり




私は 部屋には入らずに


時たま 廊下から その様子をながめていた・・・




今晩は 貸切だ・・・





うとうととしていたらしく


気がついたら 廊下に朝日が差し込んでいた・・・




部屋は ひっそりとしていて


あのにぎやかだった様子は みじんも感じられず


いつもの おだやかな朝が始まっていた・・・




蛙が一匹 


葉っぱの上で 横たわっていた・・・









再会・・・



廊下を歩く蛙たちは


私が後ろを振り向くと


ぴたっと 立ち止まる・・・




まるで だるまさんがころんだ だ・・・



蛙たちも 


私があまりに振りかえるものだから


そのたびにポーズをかえて


あるものは ひょうきんに


あるものは おすましで


また あるものは 止まりきれずに


しりもちをついたりした




そのうち あきてきたのか


ブーイング のように けこけこ・・・と


鳴き始めた・・・




騒がしくなった廊下を 


奥の部屋から 蛙がのぞいた・・・





その蛙の姿をみて


それまで ブーイングしていた蛙たちが


私の横を通り過ぎていく・・・




蛙は ぴょんと廊下へ飛び出ると


たちまち廊下の蛙たちはまわりを取り囲んで


元気そうな姿をみて 喜んだ




私の手の中の 蛙もにぎやかな声に目を覚まし


近くにあった私の顔を見ては


また 気を失ってしまった・・・




私の足元で小さくけこけこと鳴いている蛙に気づいて


しゃがんで その蛙も手にのせてやった




蛙は気を失っているものを そっとさすりながら


小さく鳴き続けていた




廊下の蛙たちは いつの間にか いなくなっていた・・・





奥の部屋へ 移動したらしい・・・



もう きっちり 自分の家のようだ・・・




久しぶりの再会・・・


元気な姿を見せることが出来てよかった・・・





私の手の中の二匹の蛙をつれて


奥の部屋へもどった・・・






あ、 布団がひきっぱなしだった・・・



案の定 布団の上で 蛙たちは くつろいでいた・・・




あはははは・・・


笑うしかないか・・・



しばらくは このままにしておこうか・・・



そのうち 布団をどけろとかいいそうだし・・・








ねこじゃらしの裏庭 目次



気配の先に・・・



玄関に急いでいくと


表から 音が聞こえる・・・



何かを引きずるような


すれる音と


かすかにいくつかの音が聞こえる・・・



何か掛け声のようにも聞こえてきた・・・



すれる音が止まって


掛け声も止まった




急に静まったので


つい あわてて 戸をあけてしまった・・・





外を見ると


一目散に 何かの影が 飛び散っていった・・・




影が一つ 私の足元にぶつかって ころがった・・・






いてててて・・・


頭を押さえた小さな蛙が


私を見上げた・・・




ぎょっと 大きな目をしたかと思うと


目を閉じて 倒れてしまった・・・





のびてる・・・



気を失ってしまった・・・




小さな蛙が 私の足元で 倒れている・・・





その近くには 


いつも置かれている蛙のごはんが置かれていた・・・





この蛙たちが いつも用意していたのか・・・





他の蛙たちも どこからか現れて戻ってきた・・・



倒れた蛙を連れて 私は 部屋の蛙のもとへ


戸をあけておいたので


他の蛙たちも 一緒についてきた・・・





つめたい廊下に 蛙たちの足跡が ペタペタとついていく・・・



小さな足跡は すぐに消えてしまう










ねこじゃらしの裏庭 目次



甲子園では 大阪対決・・・


先日から うちには itoさんところから


北海道のカエルの団体様が滞在中・・・



IMG_1408.jpg

イトヤマイトコ商店さんのカエルさんたち




今日は 甲子園で応援中♪


こちらもまだ寒いねぇ




両校 がんばれ~


幸福の青い鳥は どちらに~






プロフィール

mimousa

Author:mimousa
カエルnoテ にお越しくださって ありがとうございます♪

ねこじゃらしの裏庭



おたまな気分♪handmade★カエルnoテ

アメブロでも書いてます♪

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
月別アーカイブ
フリーエリア

にほんブログ村
お世話になっております♪
Thank you♡
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR