カエルnoテ

月・日別2017年06月 1/1

記憶のかけら・・・

現れた扉は 私が通るのもやっとの大きさで赤いレンガの塀の向こう側へ 通じていた・・・塀は 高くそびえ立ち 中の様子はわからなかったが私は この扉を開けて 外に出たのを 思い出した・・・私が居る場所は・・・振り返ると丘があって その上には 立派なお城が見えた・・・丘のふもとにある湖に気がついて私は 湖のほとりへ歩いて行った・・・湖の中を覗いてみると私が こちらを見ていた・・・湖に映る私は さびしげで...

  •  0
  •  0

イメージの中で・・・

蛙は 私に色々なイメージを見せてくれた・・・私のいる苔の生えた大きな岩は 大きな亀であったことその亀は この土地の変動を食い止めるためにこの洞窟で生涯を終えたこと・・・蛙の先祖がその亀に教えてもらって 今作っているもののこと・・・私に その手伝いをしてほしいこと・・・私でないと出来ないこと・・・何なんだろう・・・その前に 私が知らないといけないこと・・・・私の心の扉が 目の前にあった・・・...

  •  0
  •  0

蛙の姿・・・

蛙の姿になっているけれど話していることは わからないままでそのことを伝えようと声を出したら伝わったみたい・・・気持ちが声に移ったのかな・・・早く話してあげればよかった・・・長い間 蛙はケロケロと鳴いていたけれど伝わっていないことがわかるとふっと 息を吐いたかと思ったら大きく息を吸い込んだ・・・ほっぺたが大きくふくらんでまるで すねているようだ・・・そのあと またゆっくりと息を吐き出した・・・ふぅ・...

  •  0
  •  0

静かな空間・・・

苔の上は ひんやりと気持ちよくしばらく その上で周りの様子を眺めていた・・・空気もしっとりとしていて天井から降りている光で キラキラしていた静かな空間少しして 水面に泡がたって蛙が一匹 私の横に上がってきた・・・お腹に傷のある蛙だった・・・蛙は 私の前に座りなおすとケロケロ・・・っと話し始めた・・・...

  •  0
  •  0

ちゃっぽ~ん・・・

手水鉢の中へ落ちた・・・ぷくぷくぷく・・・真っ暗な水の中 くるくると体が回る・・・くるくる・・・くるくる・・・しばらくして 動きが止まって身体がふわりと水の中に浮かんだ目の前に 小さな光が見えた・・・光の方向へ行くと小さな穴から光が差し込んでいて 穴を抜けるとキラキラとした水の中に出てきた・・・水面から一筋の光が 穴に届いていた・・・水面に向かって泳いでいく・・・奥に 大きな岩がある・・・その岩に...

  •  0
  •  0

ねこじゃらしの裏庭  目次

いつの間にか 書きためられていた小さなお話しを 目次にしました・・・。   ねこじゃらしの裏庭   (2017・6・5更新)目次プロローグ裏のお庭で待ってます・・・便りを待っている・・・ケロ って かわいいニックネームだな・・・ねこじゃらしの裏庭・・・久しぶりの雨の日に・・・雨つぶの ・・・夕陽の中で・・・猫目の月・・・月明かり・・・猫の背・・・ゆくえ・・・穴の中で・・・枯葉のふとんに・・・手のひ...

  •  0
  •  0

手水鉢・・・

蛙の後ろをついていく・・・静かな暗闇にも 目が慣れて進む先に何かがぽっぽっと光るのが見えてきた・・・蛍が壁について光っている・・・蛙が 立ち止まるとゆっくりとしゃがんだ・・・丁寧にあいさつをする蛙・・・その前には手水鉢のような岩があって 水がたまっていた・・・ぷくぷくぷく・・・と 泡が浮き出てきてそのあと ふんわりと 何かが水面から浮き上がってきた・・・ 目がキョロキョロっと動く・・・手で目にかか...

  •  0
  •  0