今年の冬至は 19年に一度の・・・・ らしい・・・。


ちょっとお世話になっているカードさんのFacebookより・・・

こんなことが 書いてありました。

こちらでシェアさせていただきます。

☆☆☆ ☆☆☆


「日本の神様 よもやま話 その三十六」

2014年の冬至は12月22日。
今年は19年に一度という「朔旦冬至(さくたんとうじ)」となります。

こちらは、「朔=新月」と冬至が重なる日であり、月と太陽の両方がこの日から復活していくことから、大変おめでたい日だとされていて、宮中で宴が催されるほど特別視されたといわれています。

冬至は、1年で最も日が短い日です。
つまり、ここからどんどんと太陽の力が増えていくわけであり、洋の東西を問わずとても重要な日とされてきました。

復活や新生を象徴する冬至を表す言葉で「一陽来復(いちようらいふく)」というものがあります。
これは、陰の気が極まって陽の気へと向かう、つまりはここからぐんぐんと運勢が上昇していくことを示しているのです。

そんな拡大と上昇にぴったりの神様が『日本の神様カード』にも登場する「天之常立神(あめのとこたちのかみ)」。
この神様は、天地が分かたれたばかりのまだ世界が渾沌とした状態の中から、はじめて現れた物理的なエネルギーであり、この「宇宙」という舞台を用意してくれた立役者でもあります。
「個性の発揮」「注目される」「大舞台」などのテーマを持つこの神様は、「今、あなたは内面においても、外に向かっても、大きく拡大していく時を迎えています」と伝えてくれています。

19年に一度の月と太陽の同時復活という強力なエネルギーは、まさに拡大のエネルギーです。
それをしっかりと受け止めることができれば、皆とは違う自分を、喜びをもって創造することのできる大きなチャンスです。
それを月と太陽、そして天之常立神様のエネルギーが、しっかりと後押ししてくれています。

このチャンスを逃さずに、2014年をしっかりと締めくくり、2015年はより光り輝ける自分になれるように、自らに許可を与えて下さい。

来年は今年よりももっと素晴らしくなるように、良いお年を!





☆☆☆ ☆☆☆





いいパワーをもらって 素晴らしい年に出来ますように・・・・ (*^_^*)


頂き物のゆずをいれたお風呂に入って しっかり温まろうっと・・・







Comment

非公開コメント

Thank you♡
プロフィール

mimousa

Author:mimousa
カエルnoテ にお越しくださって ありがとうございます♪

ねこじゃらしの裏庭



おたまな気分♪handmade★カエルnoテ

アメブロでも書いてます♪

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Twitter
月別アーカイブ
フリーエリア

にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっております♪
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR