枯葉のふとんに・・・



枯葉は見た目よりも ふかふかしてる・・・


柔らかい葉っぱを選んでいるようで


一歩踏むごとに いい香りがした




猫は 私に体を摺り寄せると そのまま外に出ていった・・・



離れ際に しっぽが 私の顔を 


ふわっと撫でていった・・・





猫目の月のあかりが ほんわりと 照らしていたものが


ゆっくりと 動いた・・




かえるだ・・・



身体を起こして 足を曲げて


座りなおした・・・・ かえる・・・




私は かえるの前で つったったまま・・・



かえるは 私に顔を向けた・・・








ねこじゃらしの裏庭 目次








コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ