寝息・・・



大きなくりくりっとした目から


ぽろぽろっと 涙がこぼれて・・・





私が 近寄ると


堰を切ったように 大粒の涙がぼろぼろと・・・


そして けろっけろ・・・と


泣き出した・・・


まるで 小さな子が お母さんに


訴えるように・・・






かえるの横に座ると


身体を寄せてきた・・・


そして私のセーターのすそをぎゅっと握りしめた



よしよし・・・


よしよし・・・




背中をとんとんとしてあげると


すこしづつ 落ち着いてきた・・・



うく・・うくぅ・・・

うくっく うく・・・



ほんと 小さいかえるさん・・・


初めて迎える冬にそなえて


心細くなっているみたいだった・・・




落ち着いてくると


すー すーっと


寝息が聞こえてきた・・・





にゃ・・・




猫が 声をかけてきた・・・



木の穴の外には


猫が月を見てたっていた・・・








ねこじゃらしの裏庭 目次




コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ