もずのゆくえ・・・



猫には


このあたり縄張りにしているモズが


どこへ行くのか見当がついていた・・・




ある農家の離れのおくにある梅の木・・・




この農家のおじいさんに


時々餌をもらっていた猫は


庭先の梅の枝に


ときどきなにかがさしてあることを


思い出していた・・・




普段なら そのままにしておくだろうが・・




その時は


ふいに抑え込んだ蛙の身体の感触が


そうさせたのか・・・



自分は蛙を食べない・・・



だから 獲物を横取りされた気持ちでもない・・・




あのモズは 


あの梅の木にいく・・・






猫は 一目散に走っていた・・・









ねこじゃらしの裏庭  目次




Comment

非公開コメント

Thank you♡
プロフィール

mimousa

Author:mimousa
カエルnoテ にお越しくださって ありがとうございます♪

ねこじゃらしの裏庭



おたまな気分♪handmade★カエルnoテ

アメブロでも書いてます♪

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Twitter
月別アーカイブ
フリーエリア

にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっております♪
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR