托卵・・・



モズは 郭公の托卵を気付かないのか・・・・


郭公は 自分の卵を温め育てることが出来ない体質なのだそうだが・・・


それを受け入れるにも


自分の産んだ卵を蹴落とされてしまうのは


なんともせつない・・・




自分よりも大きくなっていく雛に気づいて


その後 餌を与えないで巣を離れることもあるらしい・・・


その後の雛はどうなるのか・・・・



どちらも 生きていくのに必死・・・


ただそれだけなのかもしれないけれど


せつない・・・





モズの後を追った猫は


おじいさんの梅の木々の間を走り抜け


一番奥の大きな木を目指した・・・




モズは ちょうどよい木の枝を


探しているところだった・・・




蛙はモズの足元でうつぶせに押さえられていた







ねこじゃらしの裏庭  目次




コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ