蛙がテーブルに 大きな地図を広げて


眺めている



古い地図で 皮に焼き記されていた



仲間は その地図は偽物だといい


その場所へ 行ったものは誰一人としていないといった




地図の端の方に書かれている波線が


蛙には 気になって仕方がなかった・・・




ある晴れた日


蛙は この地図を丸めて背負って 


旅支度をし始めた




仲間たちは 誰一人 ついてこようとはしなかった



ただ 


小さな お結びを 葉っぱに包んで


とどけてくれたものはいた




そのお結びを 腰につけて


見送るものも 誰もいなかったが


蛙は 歩き始めた・・・









ねこじゃらしの庭  目次




川の流れに沿って ・・・

鳥獣戯画のバッグを作りました。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)