記憶のかけら・・・



現れた扉は 私が通るのもやっとの大きさで


赤いレンガの塀の向こう側へ 通じていた・・・



塀は 高くそびえ立ち 中の様子はわからなかったが


私は この扉を開けて 外に出たのを 思い出した・・・






私が居る場所は・・・




振り返ると


丘があって その上には 立派なお城が見えた・・・



丘のふもとにある湖に気がついて


私は 湖のほとりへ歩いて行った・・・



湖の中を覗いてみると


私が こちらを見ていた・・・



湖に映る私は さびしげで・・・



どうして そんなに寂しそうなんだろう・・・









Comment

非公開コメント

Thank you♡
プロフィール

mimousa

Author:mimousa
カエルnoテ にお越しくださって ありがとうございます♪

ねこじゃらしの裏庭



おたまな気分♪handmade★カエルnoテ

アメブロでも書いてます♪

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Twitter
月別アーカイブ
フリーエリア

にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっております♪
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR